Results

木質内装建材メーカーの朝日ウッドテックさん。これまでにハコアで多くの記念品をご採用頂いてきました…。そこでハコア営業の木内が、担当の栗原さんに体当たりでお話を伺います !

ハコア木内(以下 木)最近は木製品の需要が高まってきている気がします。御社にも数多くの記念品をご採用頂いていますよね?

ウッドテック栗原(以下 栗)もう10アイテムくらい作っていますね。ただ「感謝の気持ち」としてお客様に贈るだけではなく、お客様が弊社に関心を持ってもらえるきっかけを作りたい、という期待も込めています。ハコアさんは、手応えを感じている部分はありますか?

木)お問合せがどんどん増えています ! 個性的なアイテム、ワンランク上のプレミアムアイテムを贈りたい方、ハコアのものづくりに共感頂ける方、環境への意識が高い方など。中には木製品が大好きな方も多いので、その方が「ハコアさんの商品は本当にいいよ !」と発信源になってくれています。

栗)なるほど !